川口タカシ

川口タカシ

川口タカシは、東京薬科大学、薬学部の助教授を務めています。
いろいろな場所で、講義や講座を開いたり、著書を出版したりととても活躍しています。

プロ―フィール

研究者氏名 川口タカシ
      カワグチ タカシ
所属    東京薬科大学
部署    薬学部
職名    助教
研究分野  医療糸薬学

著書


内容

患者が訴える主訴や症状、検査値は、の患者の体内で何が起こっているかを教えてくれる、かなり重要な手がかりとなります。
新たな患者の発症や基礎疾患の悪化、薬による副作用など、患者が抱える数知れない問題の原因を突き止めるための考え方、
思考プロセスが臨床推論というものです。
この著書は、具体的な症例をもとに経験豊富な医師と薬剤師が患者の病態を正当に評価し、
問題点を見極めるためのポイントをわかりやすく、豊富なイラストと共に解説しています。

医療実務薬学教室

川口タカシが助教を務める東京薬科大学の薬学部医療実務薬学教室は、
「薬学療法の研究を通して問題解決能力のある薬剤師を目指す」というテーマの教室です。

教員

教授   畝崎 榮     薬学博士
准教授  竹内 裕紀    薬学博士
助教   川口 タカシ  薬学博士

担当講義 

学年 科目 担当者
1年 薬学入門 竹内祐紀
3年 ゼミナール 畝﨑 榮, 竹内裕紀, 川口タカシ
4年 疾病と薬学治療 畝﨑 榮, 竹内裕紀, 川口タカシ
  薬の効き方 畝﨑 榮, 竹内裕紀, 川口タカシ
  医療薬学科別演習 畝﨑 榮, 竹内裕紀, 川口タカシ
5年 医療薬学演習 畝﨑 榮, 竹内裕紀, 川口タカシ
  事前実務演習 畝﨑 榮, 竹内裕紀, 川口タカシ
  4P80 竹内裕紀
  PBLT 川口タカシ
6年 4P80 竹内裕紀
  アドバンス演習 畝﨑 榮, 竹内裕紀

研究室の特徴

教員全員が病院薬剤師出身

全員が実践的なことを交えて指導することが出来ます。
医療実務薬学教室では、医療現場での薬学的ケアを基礎とする実務教育と研究を行っています。薬物治療の最適化をはじめとする、医薬品の適正使用および有効性と安全性の向上に関わる研究を行うことで、時代が求める医療を実践できる薬剤師の育成を目指しています。
臨床応用を目指した基礎的研究から、患者様の検体を用いた薬物動態の研究、そして病院で実施する臨床研究のデザイン、などと幅広い研究内容に取り組み、薬物療法の有効性や安全性を理論的に証明することで、臨床上の薬物療法の問題点を改善していく研究や、薬剤師の職能をテーマとした研究を行っています。

共同研究独自研究

研究は、教室と関連病院の医師や薬剤師との共同研究、または教室独自の研究をしています。
病院と大学の両方を行き来し、卒論テーマをまとめるために実験、調査、データ解析などを行っています。
自主性を重んじていますので、研究及び国司の勉強をバランスよく行えるようにしっかりと計画を立てます。
5年次後期に希望者には、東京医関連病院で、医学生と合同ポリクリ実習を実施しています。
6年次には、学生が主体となって、国試対策や新薬ゼミなどを行ったりもしています。

東京医科大学病院(消化器外科、胸部外科、皮膚科、眼科、薬剤部等)での外部研究

主な研究の例はこちらになります
  • 肝癌における光線力学療法(PDT)の開発
  • ブタ角膜を用いた薬剤障害の評価
  • アレルギー性皮膚疾患の発生機序に関する研究
  • 肺がん治療における抗がん剤耐性に関する研究

自由欄

・川口タカシさんの著書よみました。とてもよかったです。僕は今薬学部に通う大学生ですがとても分かりやすく自分がなりたい将来の薬剤師像に近いものを感じられました。患者に寄り添い、患者が抱える数知れない問題をなるべく解決してあげたい。という病気を治す医師だけでなく、薬学面でも支えていけるそんな薬剤師になりたい方には向いていると思います。
・東京薬科大学に入学したい高校生です。現在死ぬほど勉強中。もし受かったら、医療実務薬学教室に行きたいと思っています。
どう思いますか??この教室通ってる方いますか?教えてください。
・東京薬科大って、すごい勉強しないと入れないんですよね??まだ大学受験ではないので、よくわかりませんんが、薬剤師って聞くだけですごい難しそうでべ勉強大変そうです。私には無理だな~
・川口タカシ助教ってすごい面白い方ですよ~。何度か絡んだことありますが、さすがという感じで面白い発想、言葉がどんどんでてきて、少しの時間でもいつも楽しませてくれます。
・私の父も川口隆で、字は違うけど同じ名前なのに、川口さんみたいにすごい人ではないです。普通のサラリーマン。笑当たり前ですが、同じ名前でもこんなに違うんですね。
・川口タカシ先生、すごい頭良いですよ。私が言える立場ではありませんが、お話していて勉強になることがたくさんあります。
語彙が多く、話しているだけでとても勉強になる、尊敬できる先生です。
・東京薬科大の受験てやっぱ大変なんですか??私も東京薬科大に行きたいのですが、やはり猛勉強しなきゃだめなんですかね。
・どこの薬科大に入ろうか悩んでいます。ご意見聞かせていただけたら嬉しいです。
川口タカシさんてそんなにすごい人なのですか??どうせなら、すごい教授や先生がいたほうが勉強になりますよね??
・友人に聞いて会ってみたくなりました
すごく尊敬できる先生で、気さくでとても話やすいく、楽しく学べていると東京薬科大に通っている友人に聞きました。
川口タカシ先生にお会いしたことはないですが、いつかお会いしてお話してみたいと思いました。
・川口タカシ先生が助教を務める東京薬科大学の教室は、
薬学療法の研究を通して、問題解決能力のある薬剤師を目指すというテーマを元にした教室のようです。
自分はあまり絡みはありませんが、先生としても魅力的な方のようです。
・川口タカシさんの著書読みました。川口タカシさんの著書を読み自分は薬学部に通おうと思いました。
内容はとても分かりやすく自分がなりたい将来のビジョンに近いものを感じられました。患者さんに寄り添い、患者さんが抱える数知れない問題をなるべく解決して行けるように努力していきたいと思いました。
・川口タカシさんてそんなすごいひとなんですか~??調べても情報少ないですね。
著書も気になるところです。売れてる本を書く人って、共通点がある気がするんです。話してても、人を引き付ける話し方をするというか、何か魅了するものがありますよね。
・川口タカシさんのことは、著書を買ってはじめて知りました。タイトルで気になって購入したのですが、とても面白い本を書く方だなと思いました。もっとどんな人か知りたいです。情報ください!

  • 最終更新:2017-03-29 19:20:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード